赤ちゃん しゃっくり 止め方

赤ちゃんのしゃっくりの止め方

ゲップが出ると止まることも

赤ちゃんがしゃっくりをする原因として、おっぱいやミルクを飲む時に一緒に空気を吸ってしまったり、オムツが濡れ体温が下がるなど変化がある時に置きます。

 

黄色いベビー服

赤ちゃんなど新生児や乳幼児の成長発達の一部がしゃっくりとしてあらわれます。

 

赤ちゃんのしゃっくりを止めるためにミルクや母乳を飲ませてあげることで止めることが出来ます。ミルクの飲ませすぎが気になる人はお茶や湯冷ましでも大丈夫です。

 

他の止め方として、背中をさすって体温をあげたり背中をとんとんと叩いてゲップをさせます。

 

身体が冷えたことが原因で起きたしゃっくりならば、温めたタオルをみぞおちあたりに置いて身体を温めたり、おむつを替えます。暑い日に体温を上げるのは危険なので寒い冬などに用います。

 

また、何か他の事に集中したり、ぴょんぴょんと飛び跳ねたりする方法もあります。

 

お母さんの胎内に居るときから、鼻やのどに詰まった羊水中のごみや小さな固形物を出せるようにしゃっくりをしています。

 

生まれてすぐの赤ちゃんが一日に何度もしゃっくりをしていてもこの名残りで、苦しくて泣き出すことがない限りは心配する必要はありませんが、止まらない時には上記の方法を試すと直ぐに止めることが出来ます。